シイタゲンαはどんな飲み方がいいの?

シイタゲンα私の飲み方

 

私のシイタゲンαの飲み方は1日おきに1袋

 

製品の箱の裏には、”栄養補助食品として1日1〜3袋を目安に・・”と書いてあります。

 

なぜ私が1日おきにしたかというと、父親のように一刻をあらそうような病気だとまだ宣告されていないということ。

 

それから、健康食品などをこれまで摂取したことがない人が、摂取目安量よりは少ないけれど でも定期的に、こんなにすごい機能性の栄養補助食品をきちんと飲み続けた場合、少量摂取でも自分の体に何か変化が起こるのか、まずは見てみたかったというのがあります。

 

飲んでいるタイミングですが、そこはあくまでも”栄養補助食品”。基本的にはいつ飲んでもOK。クスリではないので、クスリのように食後何分とか制約もなく、私も必ず1日おきではありますが、タイミングは朝飲んでみたり夜飲んでみたり、食前だったり食後だったりとバラバラです。

 

飲むときは水か麦茶。コーヒーやジュースで飲んだりはしません。
せっかくこんなたいそうな物を摂るのだから、そんなもので飲んでたらもったいないような・・

 

シイタゲンαを飲み始めてもう少しで1年になりますが、でもやっぱりクスリではないので、シイタゲンαを飲み始めて胃が痛くなったり、もたれたり、下痢になったりしたことは私は今までにないです。
父親は1日1袋飲んでいますが、同様に、飲んだ後不快になった覚えは1度もないそうです。

 

私はまず、シイタゲンαを口に入れてからコップで水を飲みます。
サーっと溶けますよ。

 

最初はなんか、色的にも口の中にザラザラ残りそうでしたが、まったくそんなことなく”サー”でした。こんなに溶けるんなら、顆粒が苦手で顆粒を先に飲むのはチョットという人にはコップに溶かして飲んでもいいかもしれません。

 

味なんですけど・・・おいしくは、ない・・・私は・・。

 

父親が初めて飲んだときの第一声は「おー、飲みやすいなー」でした。

 

同僚に1袋あげた時は「なんかコーヒーのモカっぽいですねー」でした。

 

嫁さんに飲ませた時は「うえっ!まずいっ!!」でした・・

 

まぁ、人それぞれですね・・・

 

参考になりませんね、すみません・・

 

でも私は、その成分や臨床研究成果などに感激したので、成人病予防やがん予防のつもりでこれからも飲んでいこうと思います。

 

その前に、普段の暴食などをどうにかしろって話ですけど・・

 

 

               =シイタゲンαを飲んでからの私の体の変化=